情報技術者へなろう系ブログ

30歳を前に、文系からの転向を夢見ています

転職をするために職業訓練校に通うという選択

次の仕事決めてるの?

「辞めたいなぁ…」と周囲に話すと、

まず返ってくるのは「次の仕事はどうするの?いつから?」です。

 

10人に言って10人がそう返してきます。

 

転職サイトでもヤフー知恵袋でも、転職本を読んでも、

誰に相談しても「転職先を必ず決めてから辞めましょう」ばかりです。

 

「決めてないよ」と答えれば「もっと真剣に考えなよ」とお叱りを受けます。

 

もちろんその通りと感じる部分もあるのですが、

正直せっかく辞めるのに、休み無くまた次の職場で働きたいですかね?

正直、私は働きたくありませんでした。

 

本も読みたい、映画も見たい。

次の日のことを気にせずお酒を飲んでゲームしたい。

ふらふら気ままに遠方の友達のところへ遊びに行ったりしたい。

しばらく離れていた実家の手入れや、身の回りの整理もしたい。

それからしばらく、お金の続く限りは働かずのんびり暮らしたいなぁ~・・・。

 

きちんと人生設計が組み立てられている人からすれば鼻で笑ってしまうかと思いますが、地方の特に実績もスキルもない零細勤めのアラサーが、何もそんなに急く急く生きなくてもいいんじゃないかと思うんですよねぇ。

 

そんなもんで、私は次の働き口を決めないままに辞めることにしました。

 

お金どうするの?

辞めることを決めてから、遊び倒すことばかり考えていました。

しかし遊ぶことを考えれば考えるほど、財布の中身が心配になってきました。

 

しばらくのんびりするにも、お金が無ければひもじいばかりです。

どうしたもんかということになるわけですが、

私はどうしてもどうしても働きたくなかったので、失業手当を受けることにしました。

 

通常、自己都合退社ですと3ヶ月待たないと失業手当は支給されません。

しかしハローワークにて手続きを行い職業訓練校に通うことで、

入所日から訓練終了まで「待機期間の免除」と「支給期間延長」を受けられるのです。

 

6ヶ月とか1年とか、長いトコなら2年とか支給が受け続けられるものと思います。

ですから訓練校に通っている間はお金の心配はいらなくなります。

 

ありがたい制度です本当に。当然即行で手続きして入所することにしました。

 

だからって遊んでていいの?

私が入所した訓練校は6ヶ月間のコースでした。

入所当初は、訓練終了後もしばらく就職する気持ちはなく

(入所時面接で正直にこういうことを話すと落ちます)

ただただ遊びと勉強に浸るつもりでいました。

 

しかし訓練校というのは訓練生を「就職させる」ことが最優先です。

「技術の習得」は主目的ではありません。(試験に合格しないと補習ありますが)

入所日から徹底して「就職すること」を勧めてきます。

 

「まだ働く気ないのに『就職!就職!』と急かされてもなぁ・・・」

なんて感じで、私のいるクラスの大体半分くらいの人は聞き流していたようです。

 

「勉強難しいけどどうせなら資格挑戦したいなぁ、就職は結局いつかするんだしさぁ」

という気持ちで、私もなかなか「就職がんばるぞ!」とはなりませんでした。

 

入所から3ヶ月が過ぎ、たっぷり遊べた夏休みも終わると

いよいよ就職に向けての訓練校のプッシュが増してきました。

「月に1社受けましょう」との課題掲げられるようになりました。

 

「ヤダなー、スーツ着たく無いなーテキトーにやり過ごしたいなぁー」

とりあえず8月は全国展開している技術系派遣会社の面接に参加して

「就職意欲のあるポーズ」をすることにしました。

 

ところがこの「とりあえずの就職活動」が、

結構いろいろ考え改めるきっかけになったのです。

 

希望する会社があるのか?

とりあえず受けた派遣会社は

C言語組み込みプログラマー:未経験可」という募集でした。

 

お給料は前職よりも確実にUPして年収350万くらいスタート。

面接では「35歳以下なら全然OKぜひぜひ来てよ」といった感じです。

 

「あー結構いいじゃんかー」なんて思っていたんですが、

「入ってもらうとすると訓練校は来月で終えてもらうことになるよ」とのとこ。

一瞬悩みましたが、その後の二次面接は辞退しました。

 

断ってみて、改めて自分の気持ちを整理すると

「訓練が終わるまでは働きたくない」ということが明確に認識できたのです。

それから「どうせ選ぶなら」という気持ちが芽生えてきました。

 

あれー?という感じでした。

それまで企業の求人票を見ても最低限これくらいでいいよ程度にしか見ず

「実際どんなかは入ってみなきゃわからないしなぁ」とゆる~く考えていたもんです。

 

でもなんでしょう。とりあえずでも1社受けてみると

基準が出来たというか、比較してみようと思うようになったのです。

 

何が出来、何がしたい?

9月の頭、キャリアプランナーの先生と模擬面接を行う授業がありました。

先生が面接官として、実際の面接を想定してかなり厳し目の練習をしてもらえます。

 

各人、実際の求人票をピックアップし、

それに向けた履歴書と職務経歴書を作成して挑みます。

 

以前より仮の状態で完成してはいましたが、

企業に合わせて志望動機を考えると案外浮かんでこないもので

模擬面接時も半端な内容で受けることとなりました。

 

そうしますと、結構ボコボコにされました。

「なんで前職非技術職からいきなり技術職希望に?」

「いままでも独学ででも学ぶ機会はあったよね?なんで今更?」

「訓練受けてても実務には及ばないんでしょ?ITパスポート??」

「未経験なら新卒のがいいけど、ウチが君を採る利点ってある?」

「35歳のあなたは具体的にウチで何をしていると思いますか?」

「たかだか数年でそうなれると思いますか?現実的に」

「君もう30手前だよ?考えが甘すぎない?」

「志望動機に魅力がないよね?使いまわし?」

「自己PRってこれ言うほどの内容?他ないの?」

先生はむかし規模の大きな会社で面接担当をしていたそうで

仕事柄”あえて”圧迫面接なんかをしていたりしたそうです。

「練習だからさ(笑)」ということで”あえて”圧迫気味にしてくれたとのことです。

頭の回転の速いいわゆる出来る人なので、半端なことを言えばすぐにツッコまれます。

練習と言えどもガッツがかなり削られました。

 

それでも、自分を卑下もせず驕りもせず

今は何が出来るのかと、何がしたいかと、少しはマシに考えるようになりました。

 

前職同業には就きたくない。

訓練は最後まで受けたい。

訓練を受けた内容で働きたい。

実務、技術を身に付けて相応の成果を上げたい。

そのために未経験可でも受け入れてくれる会社に入りたい。

 

 そんな感じに自分の要求が見えてきました。

 

これからどうするの?

現在1社、最終面接まで進めた企業があります。

30歳以下にて未経験可、PG正社員募集という組み込み機器を製造する企業です。

もちろん訓練終了まで入社を待ってもらう等自分の要求を伝えて活動しています。

この会社に内定もらえたらいいなぁという気持ちがいまは大きいですね。

 

ただ「内定も、受けている企業も、なるべく多い方が余裕が持てる」

と教官からの勧めもあり、これからも就職活動を続ける予定ではいます。

 

訓練校にいると全国の求人が毎日届けられます。

求人はピンからキリまで豊富にあり、転職サイトも併用すれば

いくらでも自分の要望にあう求人を選べる時代だとは感じますね。

 

時間のない、忙しい仕事の合間に

自分を見つめなおし、企業を吟味して行動するなんて出来るかなぁと思うと

私は職業訓練校を選択して良かったなぁと感じます。

「訓練終わったら働こう」とはっきり気持ちが変わってきましたね。

  

おそらく働きながらの転職活動じゃ

近場の前職同業種に移ったくらいじゃないかなぁと思います。

それじゃあなんにも変わんないよなぁとなっちゃいますね。

 

いやぁ人生見つめ直すことも出来きるなんて

うーんなかなか転職活動ってのもの面白いもんですね!

 

職業訓練校、おすすめです。